ミツバチって? ミツバチの生態

ニホンミツバチってどんなハチ?

● 日本には、日本固有の野生のミツバチ、ニホンミツバチが住んでいます。このミツバチが、日本の植物の花粉交配を引き受け、長い年月をかけて森や草地を今の形に作ってきたとも言えます。

● ニホンミツバチが他のハチ類と比べ、最も特徴的なのは、人に馴れるということです。
身近なところで飼うと、全く人を刺さなくなります。ミツバチたすけ隊隊長は、蜜を採るときでさえ顔には何も被らないし、手袋もしません。

● 天敵のオオスズメバチが巣の入口にやって来ると、飼い主のところに来て、悲しそうな羽音で助けを求め、身体にとまったりします。
セイヨウミツバチは逆で、オオスズメバチに襲われると気が荒くなり、近くにいる人を刺します。飼い主だって刺します。

● 人と同じように喜怒哀楽の感情を持っていて、それを言葉で表現します。言葉は羽音だったり、体毛の動きだったり、お尻から放出する匂いだったり、顎をこすり合わせる音だったりします。
ニホンミツバチと人とは、気持ちを伝えあうことができるのです。
 
 

                                     ⇒ トップページへ

Copyright(C) 2012 ミツバチたすけ隊. All rights reserved.