1月28日、ミツバチたすけ隊代表の久志先生がミツバチと農薬に関する講演中に倒れ、そのまま帰らぬ人となりました。
あまりにも突然の訃報に私たちミツバチたすけ隊のメンバーも戸惑うばかりですが有志の方々と共に1月30日、31日に久志先生の「お別れの会」とそのお通夜を行いました。
生前の先生の意思により「お別れの会」では先生とご縁のあった方々に様々なエピソードを熱く語っていただきました。
その時の様子はユーストリームから”久志冨士男 お別れの会”で見ることができますのでどうぞご覧下さい。

久志冨士男 お別れの会1
久志冨士男 お別れの会2

ミツバチを愛し、自然の愛し、人を愛した久志先生は本当に多くの方に愛された方でした。お忙しい中、お別れの会には多くの方々に弔問にお越し頂き、また多くの方々かた弔電を頂きました事、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

2/18(月)には東京の銀座において久志先生を偲ぶ会、「虫がいない、鳥がいない」の出版記念会が行われる予定となっております。詳細はこちら



私たちミツバチたすけ隊は久志先生の意思を引き継ぎ、今後も活動してまいります。
久志先生は私たちにとってあまりにも大きな存在で私たちだけでその全てを引き継ぐ事は到底できることではありません。

しかし、先生の残された多くの種が日本中、いや世界中に広がっております。その種が芽を出し花を咲かせ、さらに多くの種を撒く事により先生が目指して来られた世界中にミツバチが飛び交い、人を含めた全ての生き物が楽しく暮らせる世界が訪れるのではないでしょうか?

みさなん一人一人が”ミツバチたすけ隊”であり、”久志冨士男”なのです。

私たちの活動は活動する事が目的ではありません、いつか私たちの活動が不要になる社会が訪れ、ミツバチたすけ隊が解散できる日を待ち望んでいるのです。
その日の為に私たちは久志先生の種として活動していこうと思っています。

いつの日か久志先生に笑顔でミツバチたすけ隊解散の報告する事、それこそが本当に先生の望んでおられた事ではないかと思っております。

                                       ミツバチたすけ隊サイト管理人 明石

Copyright(C) 2013ミツバチたすけ隊. All rights reserved.